スマートフォンHP
厄除総本山由加神社本宮指定石材店
岡山県でお墓を建てるなら石のこばやし
お墓を建てる お墓の掃除 よくある質問 会社概要 お問合せ
お墓の完成までの流れ お墓の管理 お仏壇の掃除 永代供養
お墓の管理 墓石の事は、石のこばやしにお任せ下さい。職人のお店だから安くて安心です。
   岡山県内のお墓の事はお任せ下さい。「石のこばやしは」、墓石の職人のお店です。
   お墓を建てたい。お墓を綺麗にしたい。お墓を直したい。お墓を管理してほしい。など
   お墓の事は何でもご相談下さい。お墓のプロが丁寧に対応させて頂きます。
   お問い合わせは、 086-441-5510 担当:渡辺
2016年 岡山県 お墓施工例
墓石建立
墓石建立
2016年 岡山県 墓地施工例
墓地整備
お墓の種類
「石のこばやし」はお墓を建てることだけが、私たちの仕事ではありません。
お墓を通じ、お客様が安心してご先祖様の供養のお手伝いをすることが
私たちの仕事だと考え。末永くお付き合いが出来るお店であるよう心掛けております。
お墓のこと、お仏壇のこと、お参りのことなど、お気軽にご質問いただけるように、
安心して任せることが出来ると思っていただける。お付き合いをさせて頂きます。

当社のHPへ来て頂き、誠にありがとうございます。唐突ですが御客様はお墓の上手な買い方を御存知ですか? 価格・会社規模・施工技術・・・判断材料は色々ありますが、実は大事なのはお墓を販売する側の人柄なんです。当社の売りはこの人柄なんです!岡山県内、岡山・倉敷市内に石材店はたくさんありますがどこにしたら良いか、何から手をつけたら良いか分からない方、もしくは何社か見積もりしてもらおうという方はたくさんいらっしゃると思います。御客様が御検討される時にはその中へ当社をぜひ御指名してみてください。当社は県内でエクステリア関連石材の卸業務もしており、価格の面においても御納得頂ける提案をさせて頂いております。そして当社自慢の人柄で御客様の痒い所に手が届き、融通が利く会社をこれからも目指して行きます。宜しくお願い致します。
お気軽にお問合せ下さい。TEL 086-441-5510 担当:渡辺
石のこばやしは、墓石の専門店です。神道、仏式のお墓をはじめ洋墓、先祖墓、燈籠、五輪塔、墓誌、霊標、戒名文字彫り、墓地、霊園、記念碑、墓石クリーニング、寄墓、墓地リフォーム、その他墓石工事、墓石耐震補強工事なども自社施工で行っております。石材も庵治石をはじめ大島石、青木石など国産銘石から安価な中国石材までご要望に合わせたプロデュースをおこなっております。
当社の事務所は倉敷市亀山にありますが、営業エリアは、県内全域です。
まだまだ小さな石材店ですが、大手さんに負けない信頼とサービスでお客様のお役にたてます様務めております。
また、エクステリア用石材(ピンコロ、敷石等)もお気軽にご相談ください。

石のこばやし無料見積もり地区
岡山市北区・岡山市中区・岡山市東区・岡山市南区・総社市・玉野市・倉敷市・早島町
笠岡市・浅口市、井原市・矢掛町・備前市・瀬戸内市・赤磐市・和気町・吉備中央町・
新見市・高梁市・吉備中央町・真庭市・新庄村・津山市・鏡野町・
美咲町・久米南町・美作市・奈義町・勝央町・西粟倉村

お客様の要望をお聞きし、お墓のデザイン・墓石の種類をご提案させて頂きます。

岡山県のお墓を当社の職人が建てますだから、安い、安心、安全、丁寧です。

岡山県のお墓の掃除、修理、傾き直し、寄せ墓などお墓の事はお任せ下さい。

岡山県内のお墓の年間管理(お参り、掃除、整地)もご相談下さい。



石のこばやし無料見積もり地区
岡山市北区・岡山市中区・岡山市東区・岡山市南区・総社市・玉野市・倉敷市・早島町
笠岡市・浅口市、井原市・矢掛町・備前市・瀬戸内市・赤磐市・和気町・吉備中央町・
新見市・高梁市・吉備中央町・真庭市・新庄村・津山市・鏡野町・
美咲町・久米南町・美作市・奈義町・勝央町・西粟倉村

倉敷市本店 岡山県倉敷市亀山622-3
高梁市店 岡山県高梁市鉄砲町1762-4
平和霊園管理部 岡山県倉敷市山地2405
岡山県外の方もお気軽にお問合せ下さい。TEL 086-441-5510 担当:渡辺

 「石のこばやし」は、厄除け総本山由加神社本宮指定石材店です。
 日本三大権現の一つ、また厄除けの総本山として知られる由加山 由加神社本宮は
 二千有余年の歴史を持つ神仏混淆のお山です。
 その昔、磐座信仰(巨岩をご神体)と唱え近郊の人々の守護神として崇められ、
 その後七三三年(天平五年)に行基菩薩が十一面観音を祀り、
 併せて神仏混淆の霊山として崇拝されてきました。
 桓武天皇の代以来、朝廷の祈願所として繁栄し、拝殿には菊花ご紋章を拝受しております。
 江戸時代中期には備前藩主池田侯の祈願所として当権現・由加大神様への信仰は篤く
 正月・五月・九月には藩主自らご参拝になられておりました。
 (その時ご参拝になられた建物が由加神社本宮ご本殿です)
 また、「ゆがさん・こんぴらさん両参り」と云われ、両社をお参りすればご利益が
 沢山頂けるという「両参り」の風習が広がり、今も全国津々浦々から信仰されております。
 過去の歴史などから見ても由加の権現様・大神様は「有求必應」
 “求めが有れば必ず應じて下さる神様”として、
 参拝者祈願者が後を絶たないのが現状です。